LCCを使う際には時間厳守と余裕のあるスケージュール設定を

- LCCを使う際には時間厳守と余裕のあるスケージュール設定を

LCCを使う際には時間厳守と余裕のあるスケージュール設定を

格安航空券を使う際には時間厳守が鉄則です。少しでも搭乗時間に遅れたら飛行機に乗ることができなくなるかもしれません。また、ダイヤが乱れる可能性もあるので旅行のスケジュールも余裕を持って組む必要があります。空港に早めに着き、ゆとりのあるスケジュールで行動するようにしましょう。

時間厳守はLCCを使う際の鉄則

大手であれば15分前くらいまでに搭乗手続きを終えて検査場を通過していればいいのに対して、LCCは30?60分前までに搭乗手続きを終わらせていなければなりません。

搭乗時間に少しでも遅れれば置いていかれるリスクもあります。LCCは時間厳守で出発するので、お客さんを待ってくれることは滅多にありません。他の便に乗り換えるのも難しい航空会社も多いので、決められた時間を守るようにしましょう。

空港にはなるべく余裕を持って到着するようにしてください。チェックインもオンラインで済ませるなどして、できるだけ時間を短縮させる工夫をしましょう。

欠航や遅延の可能性もあるためスケジュール設定は余裕を持って

格安航空は時間厳守で出発しますが、一方で遅延や欠航の可能性もあります。LCCは空港にとどまっている時間が短いので、飛行機が1機遅延するだけでダイヤが乱れます。旅行のスケジュールは余裕を持って組むようにしましょう。

欧米では「ビジネスで利用するなら大手航空会社、旅行で利用するならLCC」という考え方があるほどです。日本国内の路線を利用する際にも遅延や欠航のリスクがあることを覚えておいてください。

コスト削減をして格安チケットを実現するために

全力で走る人
格安航空券がなぜあの価格を実現できたのかというと、徹底したコスト削減をしているからです。機内食や機内サービスがなかったり、シートが狭かったりといった点で工夫をしています。

その他にもできるだけ1日当たりの運行本数を増やすために空港にとどまっている時間をできるだけ短くしたダイヤを作っています。お客さんを乗せて飛行機を飛ばす回数を増やした方が利益が出るためです。

空港にとどまる時間を短くするためにフライトは時間厳守で運行しなければなりません。そのため格安チケットを利用するお客さんにも時間厳守の搭乗が求められます。

格安航空券が安い理由の一つは飛行機が空港にとどまっている時間が短くなるように設定されたダイヤにあります。そのためダイヤは乱れやすく、フライトは時間厳守です。余裕のある行動を心がけるようにしましょう。

関連記事: