航空会社の株主のメリットは大きい

- 航空会社の株主のメリットは大きい

航空会社の株主のメリットは大きい

大手航空会社JALの株主になると大きなメリットがもらえます。
その中でも一番に挙げられるのは飛行機を利用する際に得をすることが多くあります。

チケットの早期予約をしなくても割引が適応されたり、変更なども無料で行うことができたりします。
頻繁に飛行機を利用している人には嬉しい特典です。

企業に投資をする代わりに多くのメリットがもらえるのが株主だけがもらえる株主優待券です。
この株主優待券を上手に使うことで、JALの飛行機をより身近に感じることが出来ます。


優待券は飛行機を利用することでメリットが上がる

JALが株主に発行している優待券の特徴として、飛行機を利用すればするほど得をする特典をつけているのが特徴です。
あくまでもJALの飛行機を利用していることを想定して内容は決められています。

まず一つ目は割引率の高さです。
この割引率は最大50%と高く、飛行機を利用する側としては本当に嬉しい特典だと言えます。
この割引率は路線によって異なりますが、平均しても30~40%ほどの割引が見込めます。

早期に予約をしなくても、これだけの割引を受けられるというのはものすごく優遇されていると言えます。
割引で浮いたお金を株の購入代金に回すのも良いかもしれません。

二つ目は株を購入すればするほど優待券がもらえるという点です。
これは本当に大きなメリットで、優待券1枚につき1人が対象になるために、家族全員が優待券を使うためには1人一枚優待券を持つ必要があります。

これを可能にするのが株の購入数に応じて優待券が増えるという仕組みです。
もちろん株を購入するには大金が必要になりますが、毎回正規の価格でチケットを買い続けるのと、割引された価格でチケットを買うのとでは全然違うと言えます。

このような特典を使えば飛行機を乗ることも楽しくなり、頻繁に利用したくなるといっても良いかもしれません。
株主になるという選択で、飛行機の存在価値さへも大きく変えてしまうと言えます。

最後は株主以外でも優待券を使うことができるという点です。
優待券は無記名式なので、優待券を持っていれば使えるということになります。
実際に家族の一人が持っていれば、飛行機を使う人が優待券のメリットを使うことができるよいうことになります。

家族でお金を出し合い、JALの株を購入し優待券を保有するという方法を使えば一人一人の負担が少ない形で株を購入することが出来ます。
優待券を持つことで旅行に行く回数が増えて行くと言えるかもしれません。