国内線で割引を使おう!

- 国内線で割引を使おう!

国内線で割引を使おう!

100株以上のJALの株を持っている人が取得出来る株主優待券。
この優待券は本当に利便性も高く、頻繁に使う人には魅力的な優待券です。
メリットが多く、投資した分以上の価値をもたらせてくれるのがJALの株主優待券です。

利用するほどお得な優待券

優待券には使用出来る期間が設けられています。
その期限は1年。
たった1年と思う人もいると思いますが本当に使える優待券を1年使えるということはすごいことです。

仕事で国内を移動する時に飛行機を使うビジネスマンが多くいます。
正規の値段で航空チケットを毎回購入し続けるのと、株主優待券を使って割引された金額で航空チケットを買うのはどちらがお得なのか。

これは明らかに割引をされている方がお得です。
しかも通常の早期予約割引よりも優待券で割引される割引率は大きく、使えば使うほど得をする仕組みになっています。

正規の値段で普通席のチケットを購入し毎回移動するのと、優待券の割引でクラスJを利用するのとどちらが魅力を感じるのか。
少しでも広々とした席で移動したいと思うのが普通です。

そんな夢を実現出来るのが株主だけが持てる優待券なんです。
株に投資をする金額と頻繁に使う飛行機のチケット代を見比べれば、自分にとってどちらが利益のある選択なのか見えてくると思います。
国内線の運賃については、こちらのサイトを(https://www.jal.co.jp/dom/fare/)ご覧ください。


まとめ

株主が持てる優待券は特別な効力があると言えます。
条件はもちろんありますが、割引率が最大50%になる場合も多く飛行機を利用する頻度が高い人には魅力がいっぱいの優待券だと言えます。

優待券は株主本人だけでなく、家族や知人も使うことが出来ます。
無記名型なのでシェアして使うことができるということです。
家族や友人の中に一人でも優待券を持っていれば、この特典を使うことができるわけです。

株を購入するということは、大金を投資するということことですが、それに見合ったものが確実に返ってくるのが優待券の翌朝です。
特にJALの場合は飛行機を頻繁に使う人にとっては、メリットだらけの優待券だといます。

関連記事: