JALの株主優待券の使い方とは?格安で旅行に行ける方法を公開!

- 株主優待券はメリットがいっぱい!

新着情報

◆2016/06/07
株主優待券はメリットがいっぱい!の情報を更新しました。
◆2016/06/03
国内線で割引を使おう!の情報を更新しました。
◆2016/06/03
航空会社の株主のメリットは大きいを新規投稿しました。
◆2016/06/03
JALの優待券はビジネスマン向き!を新規投稿しました。
◆2016/06/03
国内線はJALを使おう!の情報を更新しました。

株主優待券はメリットがいっぱい!

株を上場している企業の株を持っているいると、様々な特典が付いてきます。
その特典は企業の色が濃く出ているものが多くあります。
中でもメリットがあるのはJALの優待券です。
今回はその中でも株主にとって嬉しい特典がいっぱいのJALの株主優待券をご紹介します。


株主はこんなにお得

JALの株主優待券は企業の特色が目立つ内容になっています。
株を保有している人に発行される優待券の特典の中でも目を注目したいのは、航空チケットの購入のさいに割引される割引率です。
普通に早期予約で予約をした場合より、倍近い割引のサービスを受けることが出来ます。
航空チケットを半額近い価格で購入できるのは嬉しいですよね。
一般的な人が使う普通席はもちろん、クラスJやファーストクラスでも割引が適応されます。
これはまさに株主の特権だと言えます。
最大半額近い値段でチケットを購入できるのは本当に良心的です。
優待券があれば家族で旅行に行く時もチケット代を安く購入することができ、さらにクラスJやファーストクラスを気兼ねなく選択できるのは、気持ち的にも嬉しいことです。
もちろん優待券を使って普通席のチケットを半額近い価格で購入できるので、家族や友人たちと大人数で旅行に行く時は最大限の効力を発揮してくれると言っても過言ではありません。
急な出張などの時に当日に航空チケットを買わなければならなくなった時も割引が適応されます。
さらに優待券を使うと、行き先の変更なども無料で出来るので出張の多いビジネスマンにオススメです。

国内路線で力を発揮する

株主が手に出来る優待券はほとんどの国内線で使うことが出来ます。
JALはもちろん、JALグループでも使える場合が多くあります。
まさに利便性が高いJAL格安航空券こと優待券だと言えます。
仕事で国内を飛び回る人は、絶対に持っておきたい優待券でしょう。
月に何度も国内を飛行機で移動すると膨大な金額になってしまいます。
しかし、一般より高い割引率が毎回適応されるとしたらどちらがお得か言うまでもありません。
長い目で見れば確実に優待券を持っている方がお得で移動費を節約することが出来ます。
ここまで利用者にとってリターンが大きい優待券はなかなか無いと言ってもいいでしょう。
旅行によく人や仕事で飛行機を使う人にとっては、メリットしかない優待券です。
国内線のほとんで使えるのも、JALが株主のことをちゃんと考えている証だと言えます。

優待券の利用範囲が広がっている

株を最低100株持つことで優待券を受け取ることが出来るようになります。
JALグループのほとんで優待券を使うことが出来るのは利用者にとっては大きなメリットです。
またJALの国内線も多く、優待券が適応されている便も驚くほど多くあります。
同じグループ系列でも使うことが出来るので国内線は全て網羅していると言えるかもしれません。
これだけ使える便が多いのは利用者目線で見れば、メリットしか無い感じがします。
チケットの予約や変更などもスピーディーに進めることが出来るので無駄な時間を使うことが減ります。
また優待券は株主本人で無い場合でも使うことが出来ます。
家族の一人が持っていれば、飛行機を使う人が優待券を利用するというシェアを出来るのも大きなメリットだと言えます。
プライベートにもビジネスにも活用出来る優待券はまさに魔法のカードのような存在です。
選ばれた人しか持て無い優待券は持つ人に大きなメリットを与えてくれます。

まとめ

株主が持てる優待券は飛行機を利用すればするほどお得になる内容になっています。
大幅な割引率から有料で行われている変更手続きが無料になったり、当日予約ができたりと手厚い待遇になっています。
飛行機を頻繁に使う人は是非持っておきたいのが優待券です。
株主でなければ優待券を手に入れることはできません。
しかし、株を持つことで自分に返ってくるメリットを考えるとJALの株は持っておきたいと考える人も多いでしょう。
決して株を買うことは簡単なことではありません。
しかしリターン内容が大きく、飛行機を頻繁に使う人には買って損がない株だということがはっきりしています。
通常の料金で利用し続けるのと、株主の優待券で割引を使い利用するのとどちらが得なのか考えてみると自ずと答えは出ると思います。
これは時間が経てば経つほど優待券の凄さを実感出来ます。
また優待券自体には取得者の名前が入っていない無記名タイプなので家族で使うことが出来ます。
これは本当に大きなメリットで、旅行に行く時にもうまく使えるサービスです。